化粧品の効果を最も引き出す方法

MENU

化粧品を使ってみて「効かない」と思ったら、すぐに他の化粧品に乗り換えたりしていませんか?
それでは本当に自分に合った化粧品になかなか出会えなくなっていしまいます。
特に、たるみ改善化粧品は最低でも1ヶ月使ってみて判断しましょう。
こちらでは、新しい化粧品を変えるベストタイミングをお伝えします。

たるみファイター管理人

肌周期を把握する

女性の肌は、ホルモンの影響に大きく左右されます。
ニキビや肌のハリなど、
ホルモンは、美肌と切っても切れない関係です。

 

まず抑えておきたいのが、
生理と排卵日を境にホルモンバランスが変わる
ということです。

 

たるみの原因、実は冷え症、貧血、低血圧、低体温だからかも!

 

生理後2週間

生理が始まってから約2週間はエストロゲン(卵胞ホルモン)の影響で肌の調子は抜群に良くなります。
エストロゲンは肌の新陳代謝を高めて、水分の保有量をアップさせてくれます。
つまりハリのあるみずみずしい肌を保ってくれるのです。

 

排卵後

排卵日(通常生理が始まってから12〜16日目)を境にプロゲステロン(黄体ホルモン)が優位になり、肌の調子は急降下していきます。
プロゲステロンは、男性ホルモンと同じ働きをする傾向があります。
それによって、皮脂の分泌が促され、ニキビができやすくなり、メラニンが増加してシミとして現れたりします。

 

生理前にニキビができやすいのは、このプロゲステロンが大きな原因です。
また妊娠するとシミができるのもプロゲステロンが関係しています。

 

生理前

生理前は両方のホルモンが急激に減少して、肌のバリア機能が低下します。
肌は不安定になり、普段使っている化粧品でも刺激を感じたり、アレルギー反応や肌荒れを起こしたりしやすい状態になります。
この時期に新しい化粧品を試したり、刺激のある肌のお手入れはしないようにしましょう。

 

化粧品を変えるベストタイミング

生理直後は、エストロゲンのおかげで肌の新陳代謝が活発になり、新しい化粧品やスペシャルケアを試すのに一番適している時期です。

 

今まで「合わない」と決めつけていた化粧品は、もしかするとたまたま生理前に使っていただけだったのかもしれません。

 

化粧品の良し悪しを決める前に、まずは自分の生理周期をチェックして、今どんな肌サイクルなのかを考慮しましょう。

 

⇒ 顔のたるみ改善アイテムはこちら

 

 

化粧品は最低でも1ヶ月使ってみて判断する

新しい化粧品を使い始めて「効かない」と思ったら、すぐに他の化粧品に乗り換えていませんか?
使ってすぐに効果を実感できる化粧品は、「角質ケア」と「保湿」の2種類のみです。

 

「角質ケア」は余分な角質を取り除くことによって肌の表面をなめらかにするので、即効性が期待できます。

 

「保湿ケア」も肌の表面に最も近い角質層に働きかけるので、正しい成分が配合されていれば瞬時に肌が潤い、小じわなどを改善してくれます。

 

たるみ改善などアンチエイジングや美白対策の化粧品は、最低でも1ターンオーバー(肌細胞の生まれ変わりのサイクル)、通常28日間は使用してみないと効果を実感できません。

 

化粧品は最低でも1ヶ月使ってみて判断しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

顔のたるみ原因と改善方法


▼あなたの年代をクリック▼


20代

30代

40代

50代60代


ブラッシング

顔のたるみは頭皮が原因!簡単ヘッドマッサージ&ブラッシング方法
頭皮が原因で顔がたるんでしまうことがあるんです。何をやっても顔のたるみが改善しない場合は、頭皮がコリ固まっているからかもしれません。

スマホ

猫背が原因!姿勢矯正で顔のたるみを改善する簡単ストレッチ法
パソコンやスマホを使うときに猫背でいると、10代20代でも頬のたるみやブルドック顔に近づいていきます。

ダイエット

ダイエットで痩せたら老け顔に…!肌たるみ改善法
ダイエット成功後に、顔がたるんで老け顔になる人が続出しています。間違ったダイエットは肌たるみの原因になります。

テープ

副作用に注意!顔のたるみ引き上げテープの口コミ人気ランキング
リフトアップテープはほうれい線やマリオネットラインを消すだけでなく、小顔・デカ目・つり目・輪郭をシャープにするなど様々な整形メイクをすることができます。

パオ

PAO(パオ)のやりすぎは逆効果!比較口コミ
PAO(パオ)の顔のたるみ改善効果や口コミ、フェイシャルフィットネス「パオ」と「スリーモデル」の違いなどを比較しています。

⇒ 顔のたるみ改善アイテムはこちら