ヒートショックプロテイン入浴法でたるみを防ぐコツ

MENU

たるみを防ぐ入浴法

入浴中の女性

ヒートショックプロテイン入浴法をご存じですか?
お風呂でしっかり体を温めることで、たるみを防ぐタンパク質(ヒートショックプロテイン)が作られるんです。
入浴するだけでたるみを防いで老化スピードを遅らせることができるって、すごいですよね!
こちらでは具体的なヒートショックプロテイン入浴方法などをお伝えしていきます。

たるみファイター管理人

ヒートショックプロテイン(HSP)とは?

熱などのストレスが体にかかったときに作り出されるのがヒートショックプロテイン(HSP)というタンパク質です。

 

これが、糖化した皮膚のコラーゲンを排出する一方、新しいコラーゲンを生み出して肌にハリを与え、新陳代謝のカギになるとして注目されています。

 

ヒートショックプロテイン入浴法のメリット

少しぬるめな加熱によってヒートショックプロテイン(HSP)が生じると、新しいコラーゲンの生成が活性化し、酸化ストレスから体を守り、

 

老化スピードを遅らせることができます。

 

また、たるみの一因は筋肉の衰えにありますが、ヒートショックプロテイン(HSP)入浴法によってタンパク質量を増やすことで、筋肉の減少も抑えることができます。

 

ヒートショックプロテイン(HSP)入浴法

@お風呂の湯温を測る温度計と舌下で測る体温計を用意する

 

Aお風呂を42℃に沸かす

 

Bお風呂にフタを置き、湯温を下げないようにする

 

C湯船に10分つかる

40℃のときは20分、41℃のときは15分。

 

トータルの分数なので、継続入浴が難しければ、途中で湯から上がって再入浴してもOKです。

 

舌下に入れた体温計が38℃くらいになるのを目安にしましょう。

 

D入浴後は体を冷やさないようにトレーナーやサウナスーツを着て10〜15分保温

 

E入浴前後に300〜500mlの水分を補給

水分をたっぷりとって汗で出すことを意識しましょう。

 

F3〜4ヶ月後に効果が低下してきたら、1〜2週間中止してからまた再開する

 

 

このヒートショックプロテイン(HSP)入浴法で1〜2日後に体が元気になっていく感じがつかめたら、それがヒートショックプロテイン(HSP)増加のサインです。

 

免疫力アップによる病気予防効果も期待できます。

 

毎日入浴が難しければ40〜42℃くらいの温度で週に2、3回入浴してみてください。

 

ヒートショックプロテイン(HSP)入浴法は、顔だけでなく全身のたるみに効きますから、部分的な筋トレや表情筋トレーニングより簡単に効果が得られるかと思います。

 

ぜひ実践して効果を実感してみてください。

 

 

その他の効果のあったたるみ改善アイテムはこちらです。

 

⇒ 私の顔のたるみおすすめアイテムはこちら

 

 

顔のたるみ原因と改善方法


▼あなたの年代をクリック▼


20代

30代

40代

50代60代


ブラッシング

顔のたるみは頭皮が原因!簡単ヘッドマッサージ&ブラッシング方法
頭皮が原因で顔がたるんでしまうことがあるんです。何をやっても顔のたるみが改善しない場合は、頭皮がコリ固まっているからかもしれません。

スマホ

猫背が原因!姿勢矯正で顔のたるみを改善する簡単ストレッチ法
パソコンやスマホを使うときに猫背でいると、10代20代でも頬のたるみやブルドック顔に近づいていきます。

ダイエット

ダイエットで痩せたら老け顔に…!肌たるみ改善法
ダイエット成功後に、顔がたるんで老け顔になる人が続出しています。間違ったダイエットは肌たるみの原因になります。

テープ

副作用に注意!顔のたるみ引き上げテープの口コミ人気ランキング
リフトアップテープはほうれい線やマリオネットラインを消すだけでなく、小顔・デカ目・つり目・輪郭をシャープにするなど様々な整形メイクをすることができます。

パオ

PAO(パオ)のやりすぎは逆効果!比較口コミ
PAO(パオ)の顔のたるみ改善効果や口コミ、フェイシャルフィットネス「パオ」と「スリーモデル」の違いなどを比較しています。

⇒ 顔のたるみ改善アイテムはこちら