顔のたるみを悪化させるマッサージ

MENU

本当に大丈夫?ヒアルロン酸注入

注射器

ヒアルロン酸注射は、
「リスクが少なく手軽にほうれい線や目の下のたるみを改善できる」と美容外科では言われていますが、本当でしょうか?

たるみファイター管理人

ヒアルロン酸とは?

ヒアルロン酸とは、人間の体を構成する細胞と細胞のあいだにあり、皮膚内部に誰でも持っているうるおい成分です。

 

加齢によって肌のうるおいや弾力性が衰えてしまうのは、ヒアルロン酸が急激に減少することが起因です。

 

ヒアルロン酸注入とは、プチ整形の代名詞ともいわれ、施術時間はほんの10分程度。

 

切らずに注入するだけなので、手軽に受けることができます。

 

ここまで聞くと「やってみたい」と思うかもしれませんが、その前に安全性とデメリットについて知っておきましょう。

 

ヒアルロン酸注入でほうれい線・目の下のたるみを改善できる?

顔がたるんでいることを悩んで美容外科に訪れる人の多くが、ほうれい線のヒアルロン酸注入を希望するそうです。

 

しかし1本のシワには、複合的な要素が複雑に絡み合っています。

 

一言でたるみといっても、ほうれい線・マリオネットライン・ゴルゴライン・フェイスライン・目のまわりなど、顔だけでも多岐にわたります。

 

ほうれい線は深くなっているのではなく、頬の脂肪が下に垂れさがったことが原因で影がついているようにみえるのです。

 

そのためヒアルロン酸をシワの溝に注入すると、ほうれい線が薄くなったようにみえるにもかかわらず、結果として角度を変えると老けてみえるようになる可能性があります。

 

ヒアルロン酸注入のデメリット

ヒアルロン酸の危険性

ヒアルロン酸は皮膚内部に存在する成分で、徐々に体内へ分解・吸収されていきますが、異物としての危険性もあります。

 

また、持続期間があり、注入後半年から2年ほどでハリが失われます。

 

とくにエステなどのマッサージによって、さらにその持続期間は短くなる傾向にあるようです。

 

ハリを保つためには、年に2〜3回の施術が必要です。

 

しかし、ヒアルロン酸を大量に注入したり、ヒアルロン酸を長期で注入を続けると、ボリュームの不均等が生じたり、不自然なふくらみが生じます。

 

また、ヒアルロン酸が完全に吸収されず、部分的に残ってそれがさらなるたるみへとつながる恐れもあります。

 

医師のテクニックによって仕上がりが全く違う

ヒアルロン酸によるほうれい線・目の下のたるみ改善の仕組みは、顔のくぼみやハリを失った部分(シワや溝部分)に注射器で注入し、皮膚を内側から隆起させるというものです。

 

だからこそ、医師のテクニックによって仕上がりや安全性が全く違います。

 

どのあたりにどのくらい注入すれば理想的な盛り上がりができるかといった医師の高いデザイン力が要求されるのです。

 

よくあるヒアルロン酸注入のトラブル

・注入ミスで皮膚表面が凹凸になってしまった

・大事な動脈周囲に注入されて穴(皮膚潰瘍)ができた

・施術後の圧迫が足りず内出血がひどくなった

 

このように手軽にできるとはいえども美容整形には変わりありません。

 

ある程度のリスクへの覚悟が必要です。

 

おすすめ顔のたるみ治療

レーザー

 

顔のたるみを取る美容医療技術の中で、最も効果が高く、リスクが少ないのはレーザー照射による照射系リフトアップ治療です。

 

美容外科でメスを使うフェイスリフト手術はリスクが高いうえ、激しい痛みや後遺症などの心配もあります。

 

また、を使って引き上げる方法や注射系のリフトアップ治療も期待するほどの効果は出ないことが多いのです。

 

一方エステサロンでのフェイシャルマッサージは、やり過ぎると余計に皮膚がのびてたるむ危険性があります。

 

照射系リフトアップとは?

照射系リフトアップとは、レーザーによって肌内部に働きかけることで肌組織を引き締めて顔のたるみを改善する方法です。

 

肌は「表皮」「真皮」「皮下組織」「SMAS」「筋肉」といった順番で構成されていて、

 

顔のたるみは、肌の表面から奥まで全体的にたるんで起こっていることが多く、より大きな効果を出したい場合は全ての層に働きかける必要があります。

 

皮膚の断面図

 

そのため、自分のたるみ方に合わせてレーザー機器を選択する必要があります。

 

そこで、代表的な照射系リフトアップ機器である「サーマクール」「ポラリス」「ウルセラ」「フォトフェイシャル」や当サイトでおすすめしている「ウルトラCiリフト」「プロリフトRF」を使って、比較図を作成しました。

 

レーザー治療比較

照射系リフトアップ

 

肌の表面から中間のたるみに効く

表皮〜真皮にかけて働きかける「フォトフェイシャル」「プロリフトRF」「ポラリス」は、痛みがなく、金額も1回2〜3万円と安いです。
即効でリフトアップ効果が得られますが、持続性を持たせるためには何度か通う必要があります。
美容院にお手入れしに行く感じに似ています。

 

肌の中間から奥のたるみに効く

真皮〜皮下組織に働きかける「サーマクール」と、皮下組織〜SMASに働きかける「ウルセラ」は、痛みがあり、金額は1回10〜30万円と高いです。
肌の奥からじっくり引き締まっていくので、最大の効果がでるのは3ヶ月〜半年後になります。
半年に1回受ければリフトアップを持続させることができます。

 

おすすめのリフトアップ方法

顔のたるみは肌表面から奥までたるんでいる場合が多いです。

 

そのため顔のたるみの治療は、浅い層に働きかけるもの・深い層に働きかけるものを併用することで、大きな効果を実感することができます。

 

そこで新しく登場してきたのが「ウルトラCiリフト」というものです。

 

シーズラボの「ウルトラCiリフト」

シーズラボトップ

 

『ウルトラCiリフト』は痛みも少なくダウンタイムもない、レーザーによる顔のたるみ治療です。

 

一般的なクリニックで1回30万円〜40万円するリフトアップ施術が、シーズラボの『ウルトラCiリフト』だと初回お試し5,400円で受けることができます。

 

(※無理な勧誘無し)

 

ウルトラCiリフトは、なぜ高性能なのに安いの?

 

ウルトラCiリフトを提供するシーズラボは、シロノクリニックという美容皮膚科と提携しています。
シロノロゴ
シーズラボは、エステとクリニックの中間に位置する「メディカルエステ」と呼ばれるジャンルに位置し、美容皮膚科のように診察料がかからず安価でエステサロンより高品質なサービスを受けることができます。

 

さらに導入されているマシンは、シーズグループの医師と美容大国韓国のウンソン社とで共同開発されたものなので、シーズラボで安く受けることが可能です。

 

深い顔のたるみや大きなシワは、肌表面だけでなはく、脂肪層やその奥のSMAS層までたるんで起こります。

 

ウルセラ図2

 

化粧品で引き上げることは困難なので、レーザー治療で引き上げるのが安全面でも金額面からも最もおすすめです。

 

レーザー治療は年々発達していて、これまで全ての層に働きかけるレーザーは無かったのですが、最近『ウルトラCiリフト』という画期的な機械が日本初導入されました。

 

『ウルトラCiリフト』ターゲット

ウルトラCi層

 

肌の奥から引き上がり、強力なリフトアップ効果が期待できます。

 

ウルトラ1

 

ウルトラ2

 

シーズラボでは、「受ける前と比べて本当に効果が出ているかどうか」を手の感触や鏡や写真を使って確認させてくれます。

 

「他のレーザー治療機器(サーマクールやポラリスなど)の効果がイマイチに感じていた方」や、「痛みに耐えきれなかったという方」には、是非『ウルトラCiリフト』を試してみてほしいです。

 

痛みの少なさと明らかなリフトアップ効果にびっくりしますよ!

 

フェイスラインが逆三角に引き締められて、顔痩せ&小顔効果もあって嬉しいです♪

 

しかも、施術後でも肌に赤みが出たりすることなく普通にメイクOKなので、空き時間にササッとリフトアップできてしまいます。

 

「シーズラボ」リフトアップ初回メニューの選択肢は以下3つ

★「ウルトラCiリフト(1,600ショット)」…5,400円
通常の3分の1ショットです。
レーザー初心者&安くリフトアップを試したい人向けです。

 

★「ウルトラCiリフト(4,800ショット)」…16,200円
通常のフルショットです。
お得にリフトアップをしっかり実感したい方向けです。

 

★「プロリフト×Ciリフトコース」…9,720円、もしくは21,600円
肌表面を引き締める「プロリフト」がセットになったメニューです。
肌たるみ・目の下のたるみが気になる方向けです。

 

「プロリフト×Ciリフトコース」
・「ウルトラCiリフト(1,600ショット)」+「プロリフト(200ショット)」…9,720円
・「ウルトラCiリフト(4,800ショット)」+「プロリフト(200ショット)」…21,600円

 

(※WEB申し込み時に9,720円のコースか21,600円のコースかを選択する必要は無し)

この3種類が顔のたるみを引き締めるおすすめリフトアップメニューです。

 

シーズラボメニュー2

 

『プロリフトRF』は肌の表層部を強力に引き締め(ポラリスやオーロラ以上)、即効的な小顔効果や美肌効果もあるラジオ波のレーザー治療です。

 

シーズラボのプロリフトRF
写真=公式サイトより。

 

目の下のたるみが気になる方、アラフォー以降の肌表面のシワや肌たるみが気になる方に特におすすめです。

 

目の下のたるみ
↑「プロリフトRF」の効果

 

点で照射する「ウルトラCiリフト」ではアプローチできない肌表層部を「プロリフトRF」によって面全体で引き上げることができるため、ダブルで受けると実感力が違います。

 

シーズラボ図

 

「ウルトラCiリフト」で肌の奥から強力リフトアップすると同時に、肌表層部をレーザー照射「プロリフトRF」を使ってプリッとハリを出します。

 

「プロリフトRF」は、とても気持ち良くて眠ってしまいそうになるほど全く痛みがないレーザー治療です。

 

肌表面のコラーゲンがたるんできた40代、50代の方におすすめです。

 

シーズラボメニュー3

 

20代、30代の方はウルトラCiリフトだけで十分なので、「ウルトラCiリフト(1,600ショット)」5,400円「ウルトラCiリフト(4800ショット)」16,200円がおすすめです。

 

すぐに効果を実感できてダウンタイムもないので、 「結婚式や同窓会が近いから今すぐなんとかしたい!」といった希望を叶えてくれます。

 

他のリフトアップレーザー機器サーマクールウルセラの痛みが無理だった方や、ポラリス・テノール・フォトフェイシャルを受けたけど効果がイマイチだった方は、試しに受けてみるとその効果にびっくりするかもしれませんよ♪

 

キュッと上がった頬とつやつやお肌は感動ものです!!

 

【ウルトラCiリフト実施店舗】
恵比寿本店、銀座、銀座駅前、表参道、新宿、池袋、上野、吉祥寺、町田、
横浜、川崎、大宮、柏、仙台、名古屋栄、名古屋駅前、阪急梅田、大阪、難波、京都、三宮、姫路、広島、天神
(未実施店舗:八王子)

 

シーズラボ「ウルトラCiリフト」

▼初回体験お申し込み▼

公式ボタン

 

 

 

⇒ 私の「ウルトラCiリフト」口コミ体験談&詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


▼たるみ改善アイテム▼

化粧品バナー

サプリバナー

美顔器バナー

治療バナー


顔のたるみ原因と改善方法


▼あなたの年代をクリック▼


20代

30代

40代

50代60代


⇒ 顔のたるみ改善アイテムはこちら