顔のたるみに美容鍼治療(針・ハリ)は効果あるのか?

MENU

顔のたるみに美容鍼治療(針・ハリ)は効果あるのか?

鍼

顔に針を刺すのが怖いけど顔のたるみに効果があるならやってみたいというあなたに、美容鍼(針・ハリ)経験者の私が口コミします。

たるみファイター管理人

顔のたるみに美容鍼治療(針・ハリ)で効果が出る仕組み

鍼治療は、鍼によって肌に微細なキズをつけることで、その部分を直そうと再生力が高まり、血行が促進されます。

 

鍼の仕組み
図:すぎおか鍼灸接骨院公式サイトより

 

血流がアップすると肌のターンオーバーが促進され、リフトアップ・クマ・くすみ・シミに働きかけます。

 

また、同時に筋力をアップさせることもできるので、顔のたるみ改善効果が期待できます。

 

使用する鍼(針・ハリ)の太さはおおむね0.10〜0.18mmくらいと、髪の毛程度の細さで、痛みはほぼ感じません。
プスっと鍼が入る不思議な感覚です。

 

顔にあるほうれい線に効くツボを鍼で刺激することによって血行を良くし、顔面の筋肉やコラーゲン繊維を活性化させます。

 

鍼で筋肉を刺激することにより、たるみやシワに対して効果を出すことができます。

 

さらに鍼に微弱電流を流してより効果を出す電気鍼治療もあります。

 

電気鍼

 

こちらは電気が流れるたびに表情筋が勝手にピクピク動きます。

 

痛くはありませんでしたが、筋肉を動かされている感覚があります。

 

美顔器のEMS機能の感覚ととても似ています。

美容鍼治療(針・ハリ)で見込める効果

  • リフトアップ、たるみ・ほうれい線改善
  • 小顔効果
  • むくみ改善
  • クマ・くすみ・シミ・美肌・血色の改善
  • 肌荒れの改善

リフトアップ効果の持続時間

頬に手を当てる女性

施術直後

即効性があり、頬にハリが出て明らかに変化しているのがわかります。

数日後

治療前よりはリフトアップ効果はマシですが、徐々に戻っていくのを感じます。。

1〜2週間後

元のたるんだ顔に戻ってしまいました。。

 

2回、3回と繰り返し受けていくと、効果の持続時間が長くなっていくそうです。

 

さらに継続をしていると1か月に1回程度の施術でキープできるようになるそうです。

 

私は元に戻ってしまった時のショックが大きかったので、他の方法で改善しました。

 

顔のたるみ・老け顔改善アイテム

 

 

美容鍼治療(針・ハリ)のリスクは内出血

あざ
美容鍼治療(針・ハリ)は自然で身体に優しい美容施術ですが、鍼(針・ハリ)を身体に刺すことになるので、出血や内出血を起こす可能性があります。

 

内出血は、肘を何かにぶつけて打撲を起こした時などにできる青あざと同様で、内出血が起こると皮膚が青色や赤みがかった紫色に見えるようになります。

 

治療後に顔をマッサージしたり、洗顔の際にゴシゴシと強くこすったりすると、内出血が起こる可能性が高まります。

 

美容鍼灸の施術を受けた後には、顔への強い刺激は避け、お肌を優しくいたわる様にしてあげましょう。

 

もし内出血が起こってしまった場合、早ければ3日ほどで、通常は1週間〜数週間程度で消えて、痕になることはないので大丈夫です。

 

おすすめ顔のたるみ治療

レーザー

 

顔のたるみを取る美容医療技術の中で、最も効果が高く、リスクが少ないのはレーザー照射による照射系リフトアップ治療です。

 

美容外科でメスを使うフェイスリフト手術はリスクが高いうえ、激しい痛みや後遺症などの心配もあります。

 

また、を使って引き上げる方法や注射系のリフトアップ治療も期待するほどの効果は出ないことが多いのです。

 

一方エステサロンでのフェイシャルマッサージは、やり過ぎると余計に皮膚がのびてたるむ危険性があります。

 

照射系リフトアップとは?

照射系リフトアップとは、レーザーによって肌内部に働きかけることで肌組織を引き締めて顔のたるみを改善する方法です。

 

肌は「表皮」「真皮」「皮下組織」「SMAS」「筋肉」といった順番で構成されていて、

 

顔のたるみは、肌の表面から奥まで全体的にたるんで起こっていることが多く、より大きな効果を出したい場合は全ての層に働きかける必要があります。

 

皮膚の断面図

 

そのため、自分のたるみ方に合わせてレーザー機器を選択する必要があります。

 

そこでおすすめなのが、『ウルトラCiリフト』と『プロリフトRF』を組み合わせた『ウルトラWリフト』というものです。

 

ウルトラメニュー

 

『ウルトラCiリフト』は、皮膚の深い層に働きかけて、肌の奥から引き上げます。

 

ウルトラCi層

 

『プロリフトRF』は、皮膚の浅い層に働きかけて、肌表面を引き締めてたるみを解消します。

 

プロリフトRF熱伝導

 

つまり、肌表面から奥までカバーしてリフトアップすることができます。

 

照射系リフトアップ

 

しかも『ウルトラCiリフト』と『プロリフトRF』は同じサロンで受けることができるので、ダブルで受けるととてもお得になります。

 

シーズラボの「ウルトラCiリフト」

シーズラボトップ

 

⇒ 私の「ウルトラCiリフト」口コミ体験談&詳細はこちら