顔のたるみ改善に劇的な効果!私が試したたるみ解消法を大公開!

MENU

美容皮膚科で顔のたるみを治す方法

顔のたるみ治療

美容皮膚科での顔のたるみ治療効果はどうなのか?
美容皮膚科・美容外科・エステサロンの違いなどお伝えします。

たるみファイター管理人

美容皮膚科・美容外科・エステサロンの違い

顔のたるみを治療するには様々な方法があり、大体の方は、美容皮膚科・美容外科・エステサロンのどれかで迷うのではないでしょうか。

 

そこで、この3つの違いについてまとめました。

 

美容外科

主にメスを使って希望の形に変える美的形成を目的とする臨床医学分野です。

 

フェイスリフトや糸を使った外科手術が受けられるのが美容皮膚科と大きく違う点です。

 

美容外科リフトアップメニュー例

・フェイスリフト手術
・糸によるリフトアップ
・各種注入治療(ヒアルロン酸・ボトックスなど)
・各種レーザー治療(サーマクール・ウルセラなど)

 

美容皮膚科

メスを使わず皮膚を医学に基づき最新医療治療で美肌やアンチエイジングを提供している臨床医学分野です。

美容皮膚科リフトアップメニュー例

・各種注入治療(ヒアルロン酸・ボトックスなど)
・各種レーザー治療(サーマクール・ウルセラなど)

 

エステサロン

心理的な快適・心地よさによる脱毛、痩身、フェイシャルを中心にした美容のための施設です。

 

エステサロンリフトアップメニュー例

・各種レーザー治療(ポラリス・フォトRF(オーロラ)・フォトフェイシャルなど)
・フェイシャルエステ

 

美容皮膚科と美容外科の違い

メスを使った手術ができるのが美容外科、皮膚に特化した臨床医学分野が美容皮膚科です。

 

メスを使った手術を求めていない場合、美容皮膚科と美容外科の違いはあまり考えなくても大丈夫です。

 

どちらにも医師がいて医療行為を行うことができます。

 

美容皮膚科とエステサロンの違い

美容皮膚科とエステサロンの大きな違いは、「医師がいて医療行為を行うことができるかどうか」という点です。

 

美容皮膚科には常に医師がいて、診察をしたり処方箋を出して薬をもらうことができます。

 

サロンでは医師がいないので、医療行為を行うことは出来ません。

 

ストレス解消をかねたリラクゼーションを求めるならばエステティックがお薦めですが、アンチエイジングなどを本格的に求めるならば美容皮膚科がお薦めです。

 

おすすめ顔のたるみ治療

レーザー

 

顔のたるみを取る美容医療技術の中で、最も効果が高く、リスクが少ないのはレーザー照射による照射系リフトアップ治療です。

 

美容外科でメスを使うフェイスリフト手術はリスクが高いうえ、激しい痛みや後遺症などの心配もあります。

 

また、を使って引き上げる方法や注射系のリフトアップ治療も期待するほどの効果は出ないことが多いのです。

 

一方エステサロンでのフェイシャルマッサージは、やり過ぎると余計に皮膚がのびてたるむ危険性があります。

 

照射系リフトアップとは?

照射系リフトアップとは、レーザーによって肌内部に働きかけることで肌組織を引き締めて顔のたるみを改善する方法です。

 

肌は「表皮」「真皮」「皮下組織」「SMAS」「筋肉」といった順番で構成されていて、

 

顔のたるみは、肌の表面から奥まで全体的にたるんで起こっていることが多く、より大きな効果を出したい場合は全ての層に働きかける必要があります。

 

皮膚の断面図

 

ですが今のところ、一気に全ての層をリフトアップする方法はありません。

 

そのため、自分の望む効果が得られる美容医療機器を選択する必要があります。

 

そこで、代表的な照射系リフトアップ機器である「サーマクール」「ポラリス」「ウルセラ」「フォトフェイシャル」や当サイトでおすすめしている「プロリフトRF」を使って、比較図を作成しました。

 

照射系リフトアップの種類

照射系リフトアップ

 

肌の表面から中間

表皮〜真皮にかけて働きかける「フォトフェイシャル」「プロリフトRF」「ポラリス」は、痛みがなく、金額も1回2〜3万円と安いです。
即効でリフトアップ効果が得られますが、持続性を持たせるためには何度か通う必要があります。
美容院にお手入れしに行く感じに似ています。

 

肌の中間から奥

真皮〜皮下組織に働きかける「サーマクール」と、皮下組織〜SMASに働きかける「ウルセラ」は、痛みがあり、金額は1回10〜30万円と高いです。
肌の奥からじっくり引き締まっていくので、最大の効果がでるのは3ヶ月〜半年後になります。
半年に1回受ければリフトアップを持続させることができます。

 

おすすめのリフトアップ方法

顔のたるみの治療は、浅い層に働きかけるもの・深い層に働きかけるものを併用することで、大きな効果を実感することができます。

 

たとえば、メスを使ったフェイスリフトアップ手術でしか届かないといわれていたSMAS層に働きかける「ウルセラ」と、即効で肌表面をリフトアップできる「プロリフトRF」を組み合わせます。

 

比較

 

そうすると、肌表面から奥まですべての層をカバーできるので、最大のリフトアップ効果を得ることができます。

 

なぜプロリフトRFがいいの?

肌の表皮に働きかける「フォトフェイシャル」は、ハリをアップさせるもので、大きなシワやたるみへの効果は実感しづらいです。

 

一方肌の奥に働きかける「サーマクール」や「ウルセラ」は、時間をかけて大きな効果を得られますが、即効性を感じにくいため、今すぐリフトアップしたい場合には適していません。

 

また、「ポラリス」は「プロリフトRF」とほぼ同じ部分に働きかける美容医療機器ですが、「プロリフトRF」の方がはっきりとした効果を感じることができるといわれています。

 

それは、プロリフトRFは面で熱を伝える仕組みになっているので、ムラなく均一に照射され、変化を感じやすいからです。

 

プロリフトRF

プロリフトRFの効果

シーズラボのプロリフトRF

 

プロリフトRFは下記のような効果が期待できます。

  • 顔全体のリフトアップ効果

加齢により弾力性を失ったコラーゲン繊維を熱によって収縮します。
目の下のたるみ、ほうれい線、二重あご、おでこのシワなどに効果があります。

  • 小ジワ、目尻、ほうれい線のしわ改善

収縮したコラーゲンを再生させることで、ハリのある肌を取り戻します。

  • ニキビの改善

40〜60℃の熱による殺菌と、血行促進作用にて、ニキビ、ニキビ跡を解消します。
真皮層の活性により、ニキビ跡の凹凸改善効果も期待できます。

  • 即効的な小顔効果

熱作用により脂肪細胞内の水分が減少し、即時的に引き締まります。

 

その他毛穴が目立たなくなる効果もあります。

 

シーズラボの「プロリフトRF」

シーズラボランキング

 

『プロリフトRF』は、弾力を失ったコラーゲン繊維をRF(Radio Frequency)というラジオ波で増やし、シワたるみに対して高い即効性持続性を持ち合わせて効果を発揮します。

 

世界初導入の最先端マシンで、肌への負担や痛みが一切ありません。

 

シーズラボの「プロリフトRF」は、一般エステサロンのRFや美容外科治療機(ポラリス・オーロラ)よりも圧倒的に性能が良いにもかかわらず価格が安いです。

 

目の下のたるみほうれい線など、気になる部分に集中的に施術してもらうことが可能です。

 

プロリフトRF目の下

 

また、脂肪を分解する作用があり、小顔効果も期待できるのが嬉しいですね♪

 

『プロリフトRF』は、すぐに効果を実感できるので、 「今すぐなんとかしたい!」といった希望を叶えてくれます。

 

プロリフトRFコース【初めてプラン5,400円(税込)】では、まず半分照射してもらった後、

 

「受ける前と比べてリフトアップしているか?」

 

「本当に効果が出ているかどうか」を手の感触や鏡を使って確認させてくれます。

 

持続性を持たせるためには何度か照射しに行く必要がありますが、即効性があり、リスクがほとんどなく受けれます。

 

キュッと上がった頬とつやつやお肌にうっとりしますよ♪

 

メディカルエステ「シーズラボ」は20年以上の実績があり、全国に新規店舗が年々増えていっていますが、まだ全国をカバーしきれていません。

 

東京・大阪・名古屋以外にお住まいの方は、近くに店舗があるかまずは確認しておきましょう。

 

シーズラボの最新店舗情報はこちら

 

▼プロリフトRFコース【初めてプラン5,400円(税込)】▼

公式ボタン

 

 

⇒ 私の「プロリフトRF」口コミ体験談&詳細はこちら