「たるみ改善ストレッチ」についてのまとめ

MENU

顔のたるみは引っ張っちゃダメ!テーピングに注意

テープ

顔のたるみをリフトアップテープで引っ張れば、即座に劇的に若返ることができます。
でも使いすぎるとたるみが悪化する恐れがあります。
できるだけ根本改善を目指しましょう。

 

【目次】
●たるみを引っ張り上げれば即効若返る
●リフトアップテープの使い方
●顔のたるみを引っ張るリスク

たるみファイター管理人

たるみを引っ張り上げれば即効若返る

たるんだ頬の肉を引っ張り上げると、10歳以上劇的に若返ってみえます。

 

「なんとかこの状態をキープできないものか・・・」

 

と思いますよね。

 

そんな時に便利なのが、「リフトアップテープ」を使ったテーピングでのリフトアップ方法です。

 

かずきテープ

リフトアップテープの使い方

リフトアップ専用のテープを使って顔を引っ張ることで、即効たるみを解消することができます。

リフトアップテープの使い方

テーピング

 

@顔を引っ張ってみて、ほうれい線や目の下のたるみなど気になるシワが消える位置を探す。

 

Aテープを貼る部分の汗や皮脂を拭き取って、引き上げるように貼る。

 

B水を含ませたティッシュやスポンジで叩いてテープを肌に密着させる。

 

C化粧下地→ファンデーションとテープの上からメイクする。

 

リフトアップテープは当然、はがせば元に戻ってしまいます。

 

ですが、急に人前に出なければならないときなど即座にたるみを消したい場合にはとても便利です。

 

テーピングが初めての方には「かづきデザインテープ」のスタートセットはおすすめです。

 

かずきセット

 

【送料無料】かづきれいこ・かんたんスタートセット

顔のたるみを引っ張るリスク

リフトアップテープを使えば即効でたるみを解消できますが、やりすぎると肌にダメージを与えてしまうので、日常使いはあまりおすすめできません。

 

皮膚を引っ張ったり刺激を与えたりすると、皮膚が引き伸ばされて、伸びきったゴムのように以前より顔のたるみがひどくなる恐れがあるからです。

 

表皮と真皮イメージ図

 

皮膚の繊維は細かくクロスしているスポンジのような作りになっています。

 

伸び縮み可能なゴムのような線維が、ピンと張っていることでハリや弾力を保っています。

 

ところが無理に引っ張ってしまうと、線維の弾力は緩んでいきます。

 

しかも恐ろしいことに、伸びきったゴムが元に戻らないように、線維も伸びた状態のまま、 戻らなくなってしまいます。

 

 

また、あまりにテープをたくさん使いすぎて血液の循環を悪くさせてしまうと、肌に栄養が行き渡らなくなります。

 

そうすると肌の老化を早める原因になり、たるみを悪化させてしまいます。

 

リフトアップテープはその場しのぎの対策なので、できれば根本からたるみを改善していきましょう。

 

私がたるみを改善するために実践した中で、最も良かったアイテムをまとめました。

 

効果抜群!たるみ改善アイテムはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

顔のたるみ原因と改善方法


▼あなたの年代をクリック▼


20代

30代

40代

50代60代


ブラッシング

顔のたるみは頭皮が原因!簡単ヘッドマッサージ&ブラッシング方法
頭皮が原因で顔がたるんでしまうことがあるんです。何をやっても顔のたるみが改善しない場合は、頭皮がコリ固まっているからかもしれません。

スマホ

猫背が原因!姿勢矯正で顔のたるみを改善する簡単ストレッチ法
パソコンやスマホを使うときに猫背でいると、10代20代でも頬のたるみやブルドック顔に近づいていきます。

ダイエット

ダイエットで痩せたら老け顔に…!肌たるみ改善法
ダイエット成功後に、顔がたるんで老け顔になる人が続出しています。間違ったダイエットは肌たるみの原因になります。

テープ

副作用に注意!顔のたるみ引き上げテープの口コミ人気ランキング
リフトアップテープはほうれい線やマリオネットラインを消すだけでなく、小顔・デカ目・つり目・輪郭をシャープにするなど様々な整形メイクをすることができます。

パオ

PAO(パオ)のやりすぎは逆効果!比較口コミ
PAO(パオ)の顔のたるみ改善効果や口コミ、フェイシャルフィットネス「パオ」と「スリーモデル」の違いなどを比較しています。

⇒ 顔のたるみ改善アイテムはこちら