運動不足が顔のたるみを引き起こす!効果的に改善する運動法

MENU

運動不足が顔のたるみを引き起こす!効果的な運動法

ウオーキング

たるみファイター管理人

運動不足が顔のたるみを引き起こす3つの理由

筋力の低下で姿勢が悪くなる

猫背

 

筋肉や皮膚は全て繋がっているので、顔のたるみは表情筋だけではなく、身体の筋肉も影響します。

 

運動不足になると、使っていない筋肉が衰えてしまいます。

 

特に、背筋や腹筋や胸筋が弱くなると正しい姿勢を保つのがしんどくなり、猫背になりやすくなります。

 

猫背になると頬の筋肉がたるむだけでなく、呼吸が浅くなって血流も悪くなるため老化が進んでしまいます。

 

姿勢が良くなると顔つきが変わり、生き生きと若々しい印象になります。

 

血流が悪くなり細胞の働きが衰える

女性

 

運動不足だと、肌に酸素や栄養を運んでくれる血液の流れが悪くなり、繊維芽細胞の働きが衰えます。

 

繊維芽細胞が衰えると、肌の弾力を保つコラーゲンやエラスチンを生成する能力が低下し、肌がたるんでしまいます。

 

肌の弾力を保つコラーゲンやエラスチンを生成する繊維芽細胞の働きは、加齢によって衰えていきますが、運動すると活性化させることができます。

 

また、血流が悪くなるとたるみだけでなく様々な悪影響が起こります。

【血流が滞ると起こる悪影響】
・むくみ
・便秘
・冷え性
・クマ
・肌荒れ(角質層が不健全になる)
・シミ(メラニンが蓄積されやすくなる)
・乾燥、シワ(水分保持力が低下する)

 

身体を細胞から若く保つためにも、運動は大切です。

 

成長ホルモンの分泌が鈍る

憂鬱な女性

 

運動不足になると肌細胞の生産が滞り、たるみやシワの原因となるコラーゲンが劣化してしまいます。

 

また、若返りホルモンとも言われる成長ホルモンの分泌が妨げられるため、体全体の老化が進んでしまいます。

 

運動によって成長ホルモンが分泌されるので、皮膚のターンオーバーが早まってたるみが改善し、骨も強化することができます。

たるみに効果的な運動方法とは?

ランニング

 

たるみに効果的な運動は、ジョギング・ランニング・ウォーキングなどの有酸素運動がおすすめです。

 

有酸素運動は血流を活発にし、酸素を多く取り込む運動なため、身体の細胞を活性化させてくれます。

 

ジョギングの方が負荷が大きく効果的ですが、ハードな運動は苦手という方はウォーキングやストレッチなど軽い運動から始めましょう。

 

早足ウォーキングなら毎日15分程度、全身ストレッチなら1日30分程度を目安にしましょう。

 

ラジオ体操やダンスもおすすめです。

 

運動は筋肉の強化や成長ホルモン分泌、新陳代謝の促進にも有効です。

ハードな運動は逆効果

ハードな運動

 

ストレスを感じるほど頑張らなくてはいけないような運動は逆効果です。

 

ストレスで筋肉が固まり、血流が悪くなってしまいます。

 

運動が大好きな人と運動が苦手な人が同じメニューをこなした場合、感じ方は全く異なりますから、自分にとっての適度な運動を心がけましょう。

 

基準は「自分が心地よく身体を動かせたかどうか?」です。

 

走るのが心地よい人は、ジョギング。
歩くのが心地よい人は、ウォーキング。
ダンスが好きな人は、ダンス。
運動が苦手な人は、ラジオ体操。

 

自分にとってのベストな運動メニューをこなしましょう。

運動と入浴の違い

入浴中の女性

 

運動による代謝と入浴による代謝は、全くの別物です。

 

入浴には、肩こり解消などのリラクゼーション的なプラス要素もありますが、自ら体を動かすことで代謝を上げたほうが肌には効果的です。

 

また、入浴で血行が良くなるのは一時的ですが、運動によってつけた筋肉で血行が良くなった場合は衰えさせない限りキープできます。

たるまない筋肉の作り方3選

@筋肉を動かす

ストレッチ

 

当たり前のことですが、筋肉を動かしましょう。
ただし、重いものを持ったり、ハードな筋トレをする必要はありません。
軽く動かすだけでも筋肉が刺激され、十分効果があります。

 

A魚や肉などたんぱく質を毎食とる

タンパク質

 

筋肉の原料である「たんぱく質」を毎食取り入れるのがおすすめです。
肉や魚ならコラーゲンも含まれ、皮膚たるみにも効きます。
ダイエットもしたい方は、ささみ・魚・豆腐・納豆などのカロリーが低いたんぱく質食材を中心にしてみましょう。
また、たんぱく質の吸収を助けるビタミンCも一緒に摂りましょう。

 

Bしっかり睡眠をとる

寝る女性

 

筋肉、皮膚、骨の新陳代謝を促進するには、成長ホルモンが必要です。
成長ホルモンは0時より前に寝た方がよく出るとされています。
日中に運動をしておくことで、脳の疲労と体の疲労のバランスが整い、よく眠れるようになります。
その結果、質の良い睡眠が確保でき、疲労回復も早くなるため、目覚めもスッキリします。

たるみの原因、骨の縮小を防ぐ方法

意外に忘れがちなのは、骨の縮小による顔のたるみです。

 

加齢によって骨は痩せていきます。

 

そうすると骨が縮小した分の皮膚が余り、顔がたるんでほうれい線などの深いシワができてしまうのです。

 

老化による骨の縮小を防ぐには、まず骨の合成に必要なカルシウム、そして一緒にマグネシウムを一緒に摂りましょう。

 

カルシウムは、チーズ、いわし、さば、しらす、煮干し、小松菜などに多く含まれています。

 

マグネシウムは、青のり、わかめ、ひじき、とろろ昆布、ココア、なまこ、納豆などに多く含まれています。

 

 

運動と食事面から、細胞を活性化させて若々しい肌をキープしましょう。

 

さらに効果的にたるみにアプローチするには、たるみ改善アイテムを取り入れてみて下さい。

お肌のハリが2倍UPする方法

運動だけで効果を出そうとすると、とても大変な上に時間がかかります。

 

そこでおすすめなのは、化粧品でお肌に直接栄養を補ってあげることです。

 

「化粧品で改善するの?」と疑ってしまうかもしれませんが、近年、たるみに有効な成分「ナールスゲン」が発見されました。

 

新聞にも取り上げられた成分なのですが、その「ナールスゲン」と各種美容成分を最適配合した化粧水があります。

 

それが「ナールスピュア+」化粧水です。

「ナールスピュア+」化粧水

ナールス

 

「ナールスピュア」を販売している株式会社ディープインパクトは、普通の化粧品会社とは違って医学・薬学系の企業です。

 

薬剤師や医薬・薬学関連に詳しいスタッフが多く在籍し、エビデンス(科学的根拠)に基づき効果が証明された化粧品を作っています。

 

ナールスピュア化粧水には「ナールスゲン」という新成分が配合されていて、TVニュースや新聞、美容雑誌などでも紹介されるくらい注目されています。

 

「ナールスピュア」化粧水を左手だけに1ヶ月間塗ったところ、こんなにも差が出たそうです。

 

↓ ↓ ↓

 

ナールス左手

 

ハリツヤが出て、お肌が若返っているように見えますね!

 

ナールスピュアには、素肌本来が持つ力を高め、老化やダメージを防ぎ、お肌のハリ・弾力にアプローチする成分が含まれています。

 

ナールス美容成分

ナールスゲン

肌のハリ、弾力に欠かせないコラーゲンの働きをサポートする成分。

 

プロテオグリカン

高い保湿力で即効のうるおい感をもたらす成分。

 

2種のビタミンC誘導体

ナールスゲンの効果を高め、抗酸化作用を発揮する。

 

ビタミンE誘導体

肌本来の抵抗力を高める。

 

独自の高度な技術が使われていて、他の化粧品会社には中々真似できないクオリティです。

 

ナールスピュアは、90.2%の人が使用2か月でほうれい線・毛穴・目のまわりの変化を実感したという実力ある化粧水です。

 

ナールスピュアの効果は実証済みなので、信じて毎日使えば必ずお肌は答えてくれます♪

 

 

▼初回限定割引有・返品可▼

「ナールスピュア+」化粧水

公式サイトはこちら

 

 

⇒ 私の「ナールスピュア+」口コミ体験談&詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

顔のたるみ原因と改善方法


▼あなたの年代をクリック▼


20代

30代

40代

50代60代


ブラッシング

顔のたるみは頭皮が原因!簡単ヘッドマッサージ&ブラッシング方法
頭皮が原因で顔がたるんでしまうことがあるんです。何をやっても顔のたるみが改善しない場合は、頭皮がコリ固まっているからかもしれません。

スマホ

猫背が原因!姿勢矯正で顔のたるみを改善する簡単ストレッチ法
パソコンやスマホを使うときに猫背でいると、10代20代でも頬のたるみやブルドック顔に近づいていきます。

ダイエット

ダイエットで痩せたら老け顔に…!肌たるみ改善法
ダイエット成功後に、顔がたるんで老け顔になる人が続出しています。間違ったダイエットは肌たるみの原因になります。

テープ

副作用に注意!顔のたるみ引き上げテープの口コミ人気ランキング
リフトアップテープはほうれい線やマリオネットラインを消すだけでなく、小顔・デカ目・つり目・輪郭をシャープにするなど様々な整形メイクをすることができます。

パオ

PAO(パオ)のやりすぎは逆効果!比較口コミ
PAO(パオ)の顔のたるみ改善効果や口コミ、フェイシャルフィットネス「パオ」と「スリーモデル」の違いなどを比較しています。

⇒ 顔のたるみ改善アイテムはこちら