顔のたるみを悪化させるマッサージ

MENU

そのマッサージが顔のたるみを悪化させている!

ショックを受ける女性

20〜30代から顔のたるみに悩む人が増えています。

 

毎日当たり前にしているお手入れが、実はたるみの原因になっていることを知っていますか?

たるみファイター管理人

20代、30代で顔がたるむ悪習慣

まだ若いのに顔がたるむなんておかしいですよね?

 

顔がたるむ習慣をしていないかチェックしてみましょう。

× 毛穴の汚れを落とそうとゴシゴシ洗う

洗顔

 

この刺激こそが最も肌に悪影響を及ぼします。

 

刺激は肌の治癒力を低下させてしまいます。

 

シミなど肝斑(かんぱん)の原因は、肌のバリア機能が刺激(破壊)されることによって起こるといわれています。

 

さらにその刺激によってシミ・シワ・たるみも悪化してしまいます。

 

洗顔やスキンケアで肌に触るときは、やさしく触れるようにしましょう。

 

× エステやマッサージのしすぎ

マッサージ

 

まだ若いのに顔がたるんで美容外科に訪れる人の大半が、エステ通いの経験があったり、自宅で顔のマッサージを頑張っていたそうです

 

また、美容に敏感な人ほど美容グッズを使ったリフトアップや、小顔マッサージなどを行っている人は多いのではないでしょうか。

 

確かにマッサージの後は小顔になります。

 

でも、ちょっとでもサボるとすぐにもとに戻りませんか?

 

マッサージ

 

実は近年、超音波振動や美顔ローラーなど、ホームケア美容機器が広まったことで、20代ですでに顔のたるみに悩む人が増えているのです。

 

手を出しやすい低価格な美顔機器が多く、さらに雑誌や美容系まとめサイトなどでマッサージを推奨するような記事に感化されて頑張ってマッサージしてしまう人が多いのが、20代でのシワや顔のたるみ急増の原因ではないかといわれています。

 

「やればやるほど効果がある」

 

その間違った思い込みが、過剰なお手入れとなり、逆にお肌に負担をかけて顔のたるみにつながってしまいます。

 

今すぐ顔に触りすぎるマッサージは止めましょう。

マッサージで顔のたるみが悪化する理由

皮膚を引っ張ったり刺激を与えたりすると、皮膚が引き伸ばされて、伸びきったゴムのように以前より顔のたるみがひどくなる恐れがあります。

 

表皮と真皮イメージ図

 

皮膚の繊維は細かくクロスしているスポンジのような作りになっています。

 

伸び縮み可能なゴムのような線維が、ピンと張っていることでハリや弾力を保っています。

 

ところが無理に引っ張ってしまうと、線維の弾力は緩んでいきます。

 

しかも恐ろしいことに、伸びきったゴムが元に戻らないように、線維も伸びた状態のまま、 戻らなくなってしまいます。

 

一度たるんでしまった肌をもとに戻すのは、自力では難しいです。

 

エステに行くならマッサージではなく、レーザー治療がおすすめです。

 

 

シーズラボトップ

 

⇒ 整形並のリフトアップ!「ウルトラCiリフト」口コミ詳細はこちら

 

 

 

自宅で改善するなら肌に余計な負担のかからないリフトアップ美顔器がおすすめです。

 

美顔器ランキング

 

⇒ 顔のたるみ改善美顔器総合ランキング

 

 

 

 

 

 

 

 

顔のたるみ原因と改善方法


▼あなたの年代をクリック▼


20代

30代

40代

50代60代


ブラッシング

顔のたるみは頭皮が原因!簡単ヘッドマッサージ&ブラッシング方法
頭皮が原因で顔がたるんでしまうことがあるんです。何をやっても顔のたるみが改善しない場合は、頭皮がコリ固まっているからかもしれません。

スマホ

猫背が原因!姿勢矯正で顔のたるみを改善する簡単ストレッチ法
パソコンやスマホを使うときに猫背でいると、10代20代でも頬のたるみやブルドック顔に近づいていきます。

ダイエット

ダイエットで痩せたら老け顔に…!肌たるみ改善法
ダイエット成功後に、顔がたるんで老け顔になる人が続出しています。間違ったダイエットは肌たるみの原因になります。

テープ

副作用に注意!顔のたるみ引き上げテープの口コミ人気ランキング
リフトアップテープはほうれい線やマリオネットラインを消すだけでなく、小顔・デカ目・つり目・輪郭をシャープにするなど様々な整形メイクをすることができます。

パオ

PAO(パオ)のやりすぎは逆効果!比較口コミ
PAO(パオ)の顔のたるみ改善効果や口コミ、フェイシャルフィットネス「パオ」と「スリーモデル」の違いなどを比較しています。

⇒ 顔のたるみ改善アイテムはこちら