お肌の曲がり角がきたら、いつものスキンケアを見直しましょう

MENU

お肌の曲がり角対策

年齢

お肌の厄年は28歳・35歳・42歳といわれています。

 

いつもと同じケアをしているのに、肌の調子が悪い場合、それはお肌の曲がり角がきたのかもしれません。

たるみファイター管理人

お肌の曲がり角

女性のお肌の曲がり角は
7年おきに来るといわれています。

 

@28歳ごろ

まず初めが初期老化が始まる28歳ごろです。
ニキビや毛穴の開きなどに悩む人も多いかと思います。
なかなか気づかないものなのですが、実は毛穴がたるんできてるんです。

 

30代からの毛穴のブツブツ改善法

 

A35歳ごろ

35歳ごろからは、シミや目元のシワなどが現れてきます。
たるんだ頬によってほうれい線がうっすら見え始めます。

 

30代から始まる顔のたるみに注意!

 

B42歳ごろ

42歳ごろになるとほうれい線やシワが目立ち、
フェイスラインのたるみが目立ってきます。

 

ほうれい線を改善する最も有効な保湿成分とは?

 

歳をとると、どうしても老化現象が現れてくるんですよね。。。

 

その主な原因のひとつは、
「加齢」という避けられないものですが、

 

こちらの記事では、できるかぎり老化を防止する方法をお伝えしていきます!

 

⇒ 整形並にリフトアップ!「ウルトラCiリフト」口コミ詳細はこちら

 

 

お肌の老化はなぜ起こるのか?

新陳代謝を促して、
ダメージの修復を促すとされている
成長ホルモンの分泌量は、
生まれたときをピークとして
そこからどんどん下がっていきます。

 

さらに、ターンオーバーの周期は20歳を過ぎた頃から遅くなり、ホルモンバランスも変わっていきます。

 

その結果、細胞の生まれ変わる力が落ちて
日々受けたダメージの修復が間に合わなくなってきます。

 

そして
・ハリやツヤがなくなる
・慢性的な乾燥
・くすみ
・シミ
・シワ
・たるみ

 

といった症状が現れます。

 

老化のもう一つの原因「紫外線」

実は老化における遺伝的な影響はわずか20%といわれていて、
残りの80%を占めるのが、
紫外線を浴びることで起こる「光老化」です。

 

つまり、紫外線のダメージをきちんと防ぐことができれば、
老化の進行スピードを遅らせることが可能です!

 

老化現象のほとんどは
紫外線が引き金になっているので

 

紫外線防止がエイジングケアの第一条件なのです、が!

 

UVケアだけではいけません。
乾燥によって外部からのダメージを受けやすくなってしまうので、「保湿ケア」も重視しましょう。

 

日々のUVケア保湿ケア
そして食事の内容に正しく気を配ることで
老化の進行を遅らせることは十分可能です。

 

保湿ケアで肌の弾力アップ!顔のたるみを改善しよう

弾力とは元に戻ろうとする力で、
肌に触れたときに跳ね返す力があるのが
顔がたるまない弾力のある肌です。

 

弾力のない肌は押し返す力がなく、

 

・寝跡などがつきやすい
・重力に負けて肌が下にたるむ

 

といったことが起こります。

 

肌の中で弾力を作るのが
表皮と真皮の下にある
皮下組織や筋肉組織で、
ある程度の硬さやハリがあることが重要です。

 

特に弾力のある肌を支えるのは真皮です。

 

真皮を潤わせましょう!

 

ハリのある肌に重要な「真皮」って何?

化粧品の説明でよく
「コラーゲンに働きかけ…」
「エラスチンが…」
などといった言葉を見かけることがあるかと思います。
そこで出てくる「表皮」と「真皮」の図。
一体これがどういう風に肌に影響しているのかを具体的に解説します。

 

皮膚は、上から「表皮」、「真皮」、「皮下組織」の3つの層でできています。
なかでもスキンケアのメインとなるのが「表皮」と「真皮」です。
まずはこの2つの組織構造を知ることから始めましょう。

真皮と表皮の図

潤いを保って肌の美しさを守る「表皮」

皮膚の一番上にあるのが表皮です。
「角層」と「角層以下の表皮」とで構成されていて、それぞれにきちんとした役割があります。

角層で外敵から身を守る

角層は、ラップくらいの薄さながら、
肌に触れる外からの刺激などが体内に入らないように守ったり、
肌内部の水分が蒸発しないように守ったりと、
シャッターのような働きをしています。

角層以下の表皮は肌の生産工場

外敵刺激から肌を守るための免疫細胞や、
紫外線から表皮細胞を守るための
メラニン色素を作り出すメラノサイトも含まれています。
いろんな刺激から守る働きがあります。

 

皮膚の表面にある「表皮」の主な働きは保護作用です。
肌を通して外からの刺激などが体内に入らないように守ったり、
万一、異物が入ってきたときにその情報を神経に伝えたりする
とても大切な働きを担っています。
また、体内の水分が蒸発するのを防ぎ、
肌の潤いを保つ役割もになっています。

 

表皮の下で肌の土台を築く「真皮」

表皮の下にある、肌の土台となるものが真皮です。
主な役割は、肌の弾力を保ち、
真皮内にある毛細血管が栄養と酸素を肌のすみずみまで届けます。

 

コラーゲン

丈夫なタンパク質からできた線維で、
水分を除けば真皮の約70%を占める主要成分です。
真皮の中に網目状のネットワークを作ることで弾力をキープしています。
シワやたるみは、このコラーゲンの減少や変性によって肌の弾力が失われることが主な原因です。

 

弾力をとり戻すプロリフトRFについてはこちら

 

エラスチン

ゴムのような弾力のある線維でコラーゲンのところどころをつなぎとめるように支えています。
水分を除いた真皮の5%前後を占めるものですが、
年齢とともに減ってしまい、
これもシワやたるみの原因になります。

 

ヒアルロン酸

コラーゲンやエラスチンで作られた網目構造の隙間を埋め尽くすゼリー状の物質です。
ゼリー状なので弾力もあり、真皮の構造を安定して保ちます。
このヒアルロン酸は水分維持力が高く、化粧品では保湿成分として配合されています。

 

「真皮」の主な働きは、クッションのように肌の弾力やハリを保つこと

 

真皮の中でも網目状に張り巡らされたコラーゲンと、
コラーゲンの束をバネのように支えているエラスチンが
弾力アップを担う主成分です。

 

・コラーゲンとエラスチンがみっちりと高密度に存在していること
・線維芽細胞がコラーゲンやエラスチンを新たに生み出す力が強いこと

 

これらが弾力のあるハリのある肌の条件となります。

顔のたるみ改善方法まとめ

ほうれい線・目の下のたるみ・たるみ毛穴・シミ・シワ…年々少しづつ老化していく自分の顔を、なんとか若返らせたいという気持ち、とてもよくわかります。

もう、鏡を見て落ち込みたくないですよね。。。

お肌のハリツヤがアップするだけで、気分が上がります♪

▼あなたの年代をクリック▼


20代

30代

40代

50代60代



⇒ 顔のたるみ改善アイテムはこちら