フォトフェイシャルはたるみに効果なし?

MENU

フォトフェイシャルはたるみに効果なし?

フォトフェイシャル

フォトフェイシャルの顔のたるみ改善効果は?
持続性・痛み・金額などを口コミします。

たるみファイター管理人

フォトフェイシャルのたるみ改善の仕組み

フォトフェイシャルは、光によって皮膚へやけどを負わせ、それを修復するために、肌細胞が活性化し、コラーゲンが増え一時的に肌が盛り上がり、しわが解消される仕組みになっています。

 

シミ・くすみ・赤ら顔・そばかす・毛穴開きへの効果によって「美白や美肌」を目指すことが可能です。

 

定期的な施術によって、たるみの引き締めやシワの軽減にも効果が期待できると言われています。

 

基本的には、しわやたるみの治療と言うよりは、シミや毛穴を目立たなくする治療のように認識されています。

 

フォトフェイシャルよりたるみ効果を求めるなら「プロリフトRF」の方がおすすめです。

 

「フォト」は光治療です。
「RF」というのは高周波のことです。

 

高周波を光を照射するときに同時に流すことによってリスクの少ないパワーで皮膚の奥深くまで光を浸透させることが可能になります。

 

「プロリフトRF」詳細・口コミ体験談はこちら

フォトフェイシャルの効果の出方

光を照射すると、シミやそばかすの原因となるメラニンが破壊されて浮き上がり、皮膚の代謝とともに剥がれ落ちていきます。

 

早い人だと、フォトフェイシャルを受けたその日から顔のシミやくすみなどが浮き上がりはじめ、数日後には古い皮膚と一緒にポロポロと取れていきます。

 

また、赤い色にも反応するのでにきび跡の赤みや赤ら顔も改善できます。

 

持続性

コラーゲンに生成増加による「たるみの改善」を見込む場合には「20日〜1カ月ごとに1回」のペースで最低5回は施術を継続する必要があります。

 

痛み

輪ゴムで弾く程度

 

ダウンタイム

ほぼ無し

 

金額

2〜3万円

 

 

フォトフェイシャルは真皮線維芽細胞に働かせることで、肌にハリをもたらす治療で、たるみよりは「シミ・くすみ・赤ら顔・そばかす・毛穴の開き」が気になる人向けです。