疲れ顔を改善するには、顔のたるみを改善するのが一番!

MENU

疲れ顔の改善に!

疲れた女性

鏡に写った疲れ顔…
それは顔のたるみが原因です。
顔のたるみを改善することで、
ハリのある若々しい顔を保ちましょう!
こちらでは、たるみのメカニズムと対策を徹底解説します!

たるみファイター管理人

こんな人は危険信号です!

一日中パソコンに向かっている

表情を変える機会が少ないと、表情筋が弱って顔がたるむ原因になります。

タバコを吸っている

喫煙は肌ストレスとなって老化を進めてしまいます。

睡眠時間が6時間未満

ホルモンのバランスが崩れます。

不規則な生活をしている

皮膚の新陳代謝を阻害します。

肉や魚など、たんぱく質をほとんどとらない

皮膚の原料不足を招きます。

 

たるみの種類を知って対策を立てよう!

海に向かう女性

筋肉たるみ

本来ハリのあるはずの筋肉が、運動不足や加齢によって弱り、たるみます。

 

特に表情筋など顔の筋肉は、体の筋肉に比べてもともと薄く弱いです。

 

普段、表情を変えないでいると、筋肉を使わないので衰えやすく、ハリがなくなってしまいます。

 

悪い姿勢も要注意で、顔の筋肉を下方向に引き下げ、弱らせる一因になってしまいます。

 

また、顔の筋肉を使わないでいるとむくみやすく、それもたるみの原因になてしまいます。

 

表情筋ストレッチを取り入れましょう。

 

脂肪たるみ

脂肪がつき、その重みを支えきれずにたるみにつながります。

 

食べ過ぎに注意して、運動なども取り入れましょう。

 

また、急なダイエットで短期間に急激に脂肪を減らしても、皮膚の新陳代謝が追いつかずに皮膚が余ってたるみます。
減量はあせらず、1ヶ月に-1〜2kgにとどめましょう。

 

皮膚たるみ

体の表面を覆う皮膚の構造が加齢などによって変化し、弾力が弱くなってたるみます。

 

皮膚の真皮には構造を支えるコラーゲンと、そこに絡み合ってお肌の弾力を保つエラスチンといった構造があります。

 

これらは年齢とともに衰えていくので、皮膚の弾力が失われてたるみにつながります。

 

30〜40代以降、真皮のコラーゲンは急激に減ります。

 

コラーゲン量

 

ハリのある肌を保つには、アンチエイジング対策は必須といえます。

 

⇒ 整形並のリフトアップ!「ウルトラCiリフト」口コミ詳細はこちら

 

疲れ顔や老けた顔の元となる顔のたるみは、様々な原因から作り出されています。

 

それぞれのたるみに合わせて、色んな角度からアプローチしていきましょう。

 

おすすめのたるみ改善アイテムはこちら