30代からの顔のたるみの種類と原因

MENU

30代からのたるみについて

鏡を見つめる女性

鏡に写った自分の疲れた顔を見て、
「あれ?老けてきた…?」
と思ったことはありませんか?
30代からの美しさを保つために最も大事なことは、老け顔の原因であるたるみ対策です。

たるみファイター管理人

30代で顔がたるんできた原因

30代から本格的に始まっていく顔のたるみ。

 

その原因として3つあります。

@筋肉のたるみ

本来ハリがあるはずの筋肉が運動不足や加齢によって弱ってたるむことで二重あごほうれい線になります。

 

痩せても二重あごが治らないのは、たるんでいるからです。

 

A脂肪のたるみ

脂肪がついてその重みがたるみにつながります。

 

B皮膚のたるみ

体の表面を覆う皮膚の構造が加齢によって変化して、弾力が弱くなって落ちてきます。

 

@筋肉・A脂肪・B皮膚の3つのたるみが老けた顔をつくりだします。

 

顔のたるみの種類

顔のたるみはまず頬からじわじわとやってきます。

 

最も気にする人が多いのが「ほうれい線」です。

 

@ほうれい線

ほうれい線

 

とくにBMIが19以下の痩せ型の人が「ほうれい線」を気にすることが多いようです。

 

痩せているためにほうれい線がくっきりして、その上に頬の脂肪が乗るため目立つからですね。

 

A頬のたるみ

頬のたるみは体型に関係なく気にする人が多いたるみです。

 

口元は脂肪や皮膚を支える骨がないため、たるみが目立ちやすい箇所です。

 

B二重あご

二重あご

 

二重あごは、幅広顏の人が目立ちやすいです。

 

また、比較的太っている人が気になる脂肪のたるみです。

 

といってもたるんだ二重あごは、ダイエットだけでは治りません。

 

筋肉を鍛え、肌のハリを保つ化粧品なども使用していきましょう。

 

⇒ 顔のたるみ改善アイテムはこちら

 

 

 

顔がたるんでくるNG生活習慣

 

pcに向かう女性

× 一日中パソコンに向かっている

表情を変える機会が少ないと、表情筋が弱ってたるむ原因になってしまいます。

 

パソコンの使用時間が長い場合、デスクの上に鏡を置いて、ふとした瞬間に自分の表情をチェックするのもおすすめです。

 

怖い顔をしていることに気がついたら、すぐに口角を意識してあげたり、顔のストレッチをするように心がけましょう。

 

× タバコを吸っている

喫煙は肌ストレスとなって老化を進めてしまいます。

 

肌だけでなく体にとっても良いことはありません。

 

× 睡眠時間が6時間未満
× 不規則な生活をしている

枕

 

睡眠不足や不規則な生活はホルモンのバランスを崩して皮膚の新陳代謝を阻害してしまいます。

 

自分の意識次第ですぐに改善できる場合は、心を入れ替えて規則正しい習慣に変えましょう。

 

もし、仕事が忙しすぎる場合はサプリメントや美容ドリンクに頼るのも手です。

 

【顔のたるみに効く】サプリBEST3

 

 

30代顔のたるみ改善アドバイス

30代から、老化が目に見える形となって現れ始めます。

 

アンチエイジング対策を本格的にやり始める時期が来たととらえましょう。

 

30代の方向けの対策アイテムをご紹介しています。

 

30代の顔たるみ〜3つの原因と改善法〜